3月1日は『デコポンの日』!おいしさ届ける、目にも楽しいパッケージ♪

3月1日は『デコポンの日』です!
1991年3月1日に、デコポンが熊本県より初めて出荷され、東京の青果市場で取引されたのを記念して設定されました。

実は、デコポンの正式な品種名は「不知火(しらぬい)」。
不知火の中でも、糖度やクエン酸の基準値をクリアしたものが「デコポン」というブランド名を使用できます。
そんな選ばれたデコポンにおすすめの、こだわりのパッケージです!



高鮮度保持袋オーラパック」青果物の鮮度を保つ特別な袋です。
実際に、中部地区のスーパーマーケット様でもご採用いただいています。プレミアム感のただよう売り場の事例をぜひご覧ください!
IMG_0228
■中部地区スーパーマーケット様ご採用事例

Coolo防曇シリーズ」フルーツの鮮やかさが際だつ片面黒の防曇袋です。
11
■Coolo防曇シリーズ商品詳細

サンプルのご用意もしております。お気軽にお問い合わせください。