7月23日は「鮮度保持の日」/取組み紹介

STOPフードロス活動賛同者様募集

■7月23日は「鮮度保持の日」
──────────────────────────────────────

食のおいしさ、安全、そして豊かな暮らしを届けたい。
「おいしさ」「こだわり」「安心、安全」「環境保全」「家族の笑顔」
そんな思いから、この度ベルグリーンワイズは「鮮度保持の日」を制定いたしました。


「鮮度保持の日」とは、1年の中で最も暑い7月23日“大暑”の時期、
食品が傷みやすい季節だからこそ「鮮度を保つこと」に関心をもってもらいたい、
との想いで制定いたしました。


当社が、20~70代女性194名に行った消費者調査では
スーパーで青果物を購入する際に最も重視することは「鮮度」との結果になりました。

しかし一方で、日本が1年間に排出する食品ロスの量は約632万トンにものぼります。


この食品ロスを削減するために、私たちは「STOPフードロス活動」を提言いたします。


青果物を育てる産地で、流通過程での市場で、販売時におけるスーパーで、
包む袋を“新鮮さを守る特別な袋”に変えることで、
食品廃棄量の低減につながると確信しています。


2017年、私たちは「STOPフードロス」を世界に発信し、行動してまいります。

メールでのお問い合わせ・サンプル請求はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
0522381407