オーラパック採用事例

「すぐ食べレンジ,オーラパック」を導入されて

JA鶴岡(鶴岡市農業協同組合様)

山形県のJA鶴岡様にてオーラパック・オーラパックすぐ食べレンジをご採用いただいております。

「オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(JA鶴岡様)
枝豆
オーラパックは、鮮度をキープし、食味でも高い評価をいただきました!
オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジを導入したきっかけを教えてください
「オーラパック」
他社の鮮度保持袋を使用していましたが、他の包材にも興味があり、関係者からオーラパックを紹介していただきました。

「オーラパックすぐ食べレンジ」
レンジ調理に関しては、お客様が興味を示すこともあり、コンビニに並んでいる商品や、近年の少量売りなどを見て、需要にマッチしていると感じ導入することになりました。また、口コミ効果や作業のしやすさも決め手の一つです。
オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジを導入されていかがですか
「オーラパック」
外観、鮮度面でのクレームは一切なく、オーラパックの性能に信頼を置いています。

「オーラパックすぐ食べレンジ」
数年前から関西方面でのPR活動に力を入れており、手応えを感じています。鶴岡のだだちゃ豆レンジ調理で食べられる、という意外性が、お客様の好反応につながっています。消費者からも購入希望の問い合わせがあり、関西地区でも新たな販売先が決まるなど、大きく販売数が伸びました。
商品のこだわりについて教えてください
だだちゃ豆のシーズン前後で、庄内地区で生産された枝豆を総称して「白毛枝豆」という商品名で出荷しています。だだちゃ豆より豆は大ぶりで、食べ応えがあるのが特徴で、風味も良く、食味評価も高いです。年々、白毛枝豆の作付け面積は増えており、販売金額も増加傾向にあります。
今後の展開について教えてください
オーラパックすぐ食べレンジは、新規の小売店を開拓できる商品力があると実感しており、関西地区でもっとPRしていきたいと考えています。すでに、サンプルの要望もあり、注目度の高さを感じています。関西地区の出荷量も好調なので、今後も販売促進に力をいれて、知名度を高めていきたいです。
  • 「オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(JA鶴岡様)_1
  • 「オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(JA鶴岡様)_2
  • 「オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(JA鶴岡様)_3
  • 「オーラパック・オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(JA鶴岡様)_4

お客様情報

JA鶴岡様

http://www.dadacha.jp/

米づくりに適した庄内平野での稲作を基盤に、砂丘栽培のアンデスメロン、近年人気急上昇のだだちゃ豆などの園芸品目の振興も盛んに行われています。