オーラパック採用事例

「オーラパック」を導入されて(JAとぴあ浜松様)

JAとぴあ浜松様

「オーラパック」を導入されて(JAとぴあ浜松様)
JAとぴあ浜松 様 ばれいしょにて採用 JAとぴあ浜松様では、2011年6月上旬より、じゃがいものトップブランドとして、全国的に有名な「三方原馬鈴薯」の包装材としてオーラパックをご採用いただいております。 すでに静岡県経済農業協同組合連合会(JA静岡経済連)にオーラパックが採用されており、ジャガイモの緑化抑制効果が高いことから、JAとぴあ浜松様のオリジナル袋として、オーラパックで作成され、今シーズンは、約500,000袋をご使用いただいています。 ジャガイモは、通常店頭に並んで4日程度で緑化が進行してしまうことが多いです。 しかし、「オーラパック」で包装すれば、7日後でも大半の緑化が抑制されるということで、販売も好調な様子で、ご好評いただいています。 ★ 2011年7月6日 静岡放送 SBSイブニングeye にてオーラパックに包装された三方原馬鈴薯が放送されました ★ 2011年7月9日 日本経済新聞に掲載されました