鮮度保持のしくみ

なぜ、オーラパックで青果物が長持ちするの?

  1. 水分子の活性化機能

    水分子の単分子化による、蒸散抑制効果

    オーラパックは、収穫後停滞してしまう青果物内の水分子に働きかけ、分子運動を活性化させる事で、青果物のみずみずしさを保ちます。

  2. 鮮度保持(MA包装)

    包装後のガス濃度変化

    青果物は、呼吸をすることでエネルギーを使い、どんどん劣化していきます。オーラパックは、袋の中を「低酸素・高二酸化炭素」の環境に整え、青果物の呼吸を穏やかにするため、新鮮さが長持ちします。

  3. 高い防曇性

    蒸れを抑制し、袋内部への水滴の発生を防止

    青果物の水分蒸散により、袋の内部は非常に湿度が高くなります。オーラパックは、水滴がつきにくいため、水滴が触れた箇所から野菜が傷むことを防げます。

  • 鮮度保持効果
  • お客様の声
  • 青果物別おすすめ商品
  • 鮮度保持のしくみ
  • 未来創造Labのご案内
  • 導入のメリット
無料サンプルプレゼント