当社の環境への取り組み紹介

■私たちに出来る事から。食品ロス削減の取り組み
──────────────────────────────────────

日本では、1年間に約640万トンもの食品ロスがあります。
中でも、家庭で捨てられることが最も多い食品が「青果物」です。

また、2019年10月より「食品ロス削減推進法」が施行されました。
事業者には、食品ロス削減にむけて積極的に取り組む「努力義務」が課されることに。
消費者の環境への意識は、ますます高まっています。

環境にやさしい商品が、購買行動の選択基準の一つとなっています。

おいしく、栄養価の高い新鮮な野菜を提供するために、
鮮度を守る特別な袋を使うという選択を。

流通や店頭での鮮度を保ち、家庭でも鮮度保持袋のまま保存するよう伝えることで、
おいしさと栄養価が守られ、フードロス削減につながります。

私たちは、STOPフードロスを推進してまいります。

メールでのお問い合わせ・サンプル請求はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
0522381413