2019年4月もっと新鮮さと美味しさを届けるために生まれ変わります

新機能紹介

新しいオーラパックは、水分子活性効果の向上により、水滴の付着をさらに抑制します。

水分子が活性した野菜は、水分蒸散がおきにくい!

    • 活性の鮮度保持

      効率よく代謝を促し(水分・養分の循環)健康な状態に保つため、鮮度が長持ちします。
      水分蒸散が少なく、水滴の発生を抑えます。

    • オーラパックイメージ
    • 抑制の鮮度保持

      呼吸を抑えて消費を少なくし劣化を抑制。
      特に一般的なOPP防曇などの包材では水滴が発生しやすく、傷みが進行します。

    • 一般包装イメージ
    • 鮮度のヒケツイメージ

      ▲ 枝豆用、枝豆レンジ専用グレードに施されている当社独自の加工

    • 鮮度のヒケツイメージ

      ▲ オーラパックαなど、特に高い通気、透湿性が必要な場合に最適な当社独自の加工

  • 特許取得済

    鮮度のヒケツは、適度な通気・透湿調整

    水分子活性機能に加え、特に高い通気・透湿が必要な青果物用に当社独自加工である「鮮度のヒケツ」を付与しました。これにより袋内湿度の上昇を緩やかにし青果物へのストレスを軽減、新鮮な状態に保ちます。

比較試験データ

大葉での比較データ 6日経過 平均温度:20℃ 平均湿度:45%RH

  • オーラパックの場合
    オーラパック
  • オーラパックの場合
    従来品
  • オーラパックの場合
    一般包装

パプリカでの比較データ 6日経過 平均温度:20℃

  • オーラパックの場合
    オーラパック
  • オーラパックの場合
    従来品
  • オーラパックの場合
    一般包装

新しくなったオーラパックは、独自の水分子活性機能と通気通湿効果により、
従来の商品よりも高い鮮度保持効果を発揮します。

鮮度は“おいしさ” 食味でもオーラパックは高く評価されました。
  • しいたけでの食味検査データ

    比較グラフ
  • オーラパックは鮮度もおいしさも保ちます

    2018年10月
    株式会社メディカル青果物研究所
    (デリカフーズ)調べ

    比較イメージ

    包装4日後  平均温度:20℃

ラインナップ

  • オーラパックイメージ
    オーラパック

    高い水分子活性機能で野菜や果物の
    鮮度劣化を抑制する汎用グレード

  • オーラパックアルファイメージ
    オーラパックアルファ

    水分子活性機能と高い通気性、
    透湿性を兼ね備えた汎用グレード

  • オーラパック青果別イメージ オーラパック青果別イメージ

    枝豆・ブロッコリー・梅など

    オーラパック青果別

    特定の青果物ごとに
    最適な設計の鮮度保持袋

  • オーラパックすぐ食べレンジイメージ オーラパックすぐ食べレンジイメージ

    枝豆・とうもろこし・
    さつまいも・じゃがいもなど

    オーラパックすぐ食べレンジ

    鮮度保持効果に加え、
    電子レンジ調理機能をつけた
    機能性パッケージ

  • オーラパック大袋イメージ

    ブロッコリー・きゅうり・
    人参など、一時保管にもおすすめ

    オーラパック大袋

    段ボールやコンテナの
    内袋に使える鮮度保持袋

  • オーラパックラップイメージ

    しいたけ など ハンド用、
    機械用のサイズ展開あり

    オーラパックラップ

    しいたけなどの菌茸類の
    トレー用に最適な鮮度保持ラップ

このページの先頭へ
メールでのお問い合わせ・サンプル請求はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
0522381413