【鮮度保持NEWS】11月/旬の“ながいも“

 

シャキシャキ、とろとろ、ほくほく…

調理方法によって、いろいろな食感が楽しめる、ながいも

実は11月、12月頃が、秋堀りといわれるみずみずしく皮が薄いながいもの旬の季節です。

ながいもはカットで売られることも多く、変色しやすい切り口は、鮮度面での悩みのタネ。

 

ベルグリーンワイズの高鮮度保持袋オーラパックは、

表面のいたみや断面の変色、におい、とろけを抑制し、新鮮な状態を保持します。

長芋

3日目 平均温度20℃、平均湿度35%RH

 


ベルグリーンワイズの研究開発拠点『未来創造Lab』では、

日々、様々な青果物の鮮度保持試験を行っています。

今後も、高鮮度保持技術の更なる研鑽に努め、

お客様のご要望に応じた商品開発を行ってまいります。

ラボイメージ


サンプル問い合わせ

ご購入について