オーラパック採用事例

「すぐ食べレンジ,オーラパック」を導入されて

株式会社 アイファーム様

アイファーム様にて、オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジをご採用いただいております。

「オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社アイファーム様)
ブロッコリー
見た目が良い上、消費者ニーズにお応えできるため、レンジ対応の袋を導入しました。
オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジを導入したきっかけを教えてください
[オーラパック大袋]
丹精こめて育てたブロッコリーを、より新鮮な状態で消費者の皆様へ届けたいという思いがあり、採用に至りました。
採用検討の際、ベルグリーンワイズからいただいたブロッコリーの鮮度試験データが大変参考になりました。

[オーラパックすぐ食べレンジ]
相場に左右されない商品づくりと、昨今のカット野菜のニーズに応えるため、採用を決めました。
また、1日約1万株を出荷している中、サイズの異なるブロッコリーをカットし、袋詰めしていましたが、見た目やサイズのバラつきが目立つこともありました。
すぐ食べレンジに入れることで統一感があり、ブロッコリーの見栄えもよくなり、付加価値をつけることができると思いました。
オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジを導入されていかがですか
[オーラパック大袋]
大袋に包むことで、特に夏場はブロッコリーの鮮度保持や保護に効果があります。
また、袋に当社のロゴとオーラパックのマークを印刷したことで、当社の商品への愛情がお客様にも伝わり、商品価値をあげるツールの一つとなっています。

[オーラパックすぐ食べレンジ]
昨年(2016年)にスタートし、客先に提案するといい反応をいただけます。主にスーパーに卸しており、全国展開のスーパーでは1日あたり約1000袋出す程で、売れ行きも良好です。
今後の展開についてお聞かせください
現在(2017年1月)、別注品デザインでの展開を進めており、地方向けの通常サイズ、都心向けの少量サイズなど、消費者のニーズに合わせた商品や包装仕様を手掛けていく予定です。今後は、施設を増やし、粉末や冷凍など加工向けの事業も視野に入れております。
  • 「オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社アイファーム様)_1
  • 「オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社アイファーム様)_2
  • 「オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社アイファーム様)_3
  • 「オーラパック大袋、オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社アイファーム様)_4

お客様情報

株式会社 アイファーム
代表取締役 池谷 伸二様

静岡県浜松市で、路地野菜のブロッコリー(冬28ha)、春ブロッコリー(春13ha)、とうもろこし(10ha)、かぼちゃ(2ha)を生産。 ブロッコリーを加工して販売するなど、1次産業から6次産業までを担う、ブロッコリーの総合会社を目指す、活気に溢れた生産者様です!