オーラパック採用事例

「オーラパック」を導入されて

魚沼農家連合会様

魚沼農家連合会様にて、枝豆にオリジナル印刷のオーラパックをご採用いただいております。

「オーラパック」を導入されて(魚沼農家連合会様)
枝豆
袋内の曇りが軽減され、より長くきれいな状態を維持できるようになりました。
オーラパックを導入したきっかけや、弊社の印象について教えてください
魚沼農家連合会は、2018年4月に事業をスタート。以前の職場でも、アスパラ、枝豆にはオーラパックを使用しており、鮮度保持効果を実感していたため、本事業でも、野菜の鮮度を守るために、採用したいと考えていました。信頼のおける、鮮度保持効果の高いパッケージを提供しているだけでなく、ベルグリーンワイズ社の営業担当の提案力や柔軟かつ迅速な対応など、サービス面でも満足しています。日頃から、生産から出荷までの業務に追われ、副資材の調達に目が行き届かない時でも、営業担当からタイミングを見て連絡をくださるので、発注時期を逃さず、安心して本業に打ち込むことができています。
導入されていかがですか
新しい仕様のオーラパックは、従来のオーラパックより通湿性が良くなり、防曇性向上や黄化の抑制の効果が上がりました。従来品よりも2日間長く、枝豆がきれいな状態を保てるようになりました。電子レンジで簡単調理のできる、オーラパックすぐ食べレンジも一部で使用しており、消費者からの評判がよく、新潟、関東圏の大手スーパーや飲食店からの引き合いが増えています。
商品のこだわりについて教えてください
当社は、単純に青果卸業を担うのではなく、「生産地から食卓への架け橋になる」ことをモットーに事業展開しています。まずは、地元の生産者を守っていきたい、育てていきたいです。生産者には、より質の高いA品を出荷できるよう、若い就農者を中心に、栽培のノウハウなど勉強会を開いています。また、高品質な野菜は、できる限り高値で買い取り、生産者の生計維持、モチベーション向上につなげ、農業を継続してもらうよう努めています。そして、営業経験を生かし、販路を広げネットワークを形成していくことも一つの仕事です。こうした生産者及び従業員側に立った経営者を目指し、ビジネスモデルを構築しています。
  • 「オーラパック」を導入されて(魚沼農家連合会様)_1
  • 「オーラパック」を導入されて(魚沼農家連合会様)_2
  • 「オーラパック」を導入されて(魚沼農家連合会様)_3
  • 「オーラパック」を導入されて(魚沼農家連合会様)_4

お客様情報

魚沼農家連合会様

「生産地から食卓への架け橋になる」をモットーに、安心・安全で美味しい野菜をお届けする事はもちろんのこと、生産者育成などにも注力し、産地全体を活気づける活動もされています。