オーラパック採用事例

「すぐ食べレンジ,オーラパック」を導入されて

雪印種苗株式会社様

様々な野菜の種子を開発、販売されている雪印種苗株式会社様で、
枝豆の新品種『味風香®(あじふうか)』と『夏風香®(なつふうか)』の包材に、オーラパックすぐ食べレンジを採用いただきました。

「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(雪印種苗株式会社様)
枝豆
旨み成分がたくさん!こだわりの枝豆をレンジでお手軽に
オーラパックすぐ食べレンジを導入したきっかけを教えてください。
2014年に、ある説明会で、新品種の枝豆『味風香』をすぐ食べレンジに入れて加熱したところ、風味が良く、とても美味しかったことが導入のきっかけです。
2015年に、『味風香』の新販売時に合わせて、オリジナルの印刷を入れたすぐ食べレンジを作成し、販売促進のためのサンプルとして配布しました。その際に、レンジで袋のままチンできる、という手軽さが消費者から好評を得て、『味風香』の販売促進にも貢献したため、今年は販売資材としての商品化を決めました。
商品について教えてください。
『味風香』は、芳醇な香り、強い甘み、濃厚な旨みという食味にこだわった「豊熟の味わい」シリーズ第一弾として発売しました。
分析したところ、一般的な枝豆に比べ、甘み成分は1~2割ほど高く、旨み成分に関しては、アミノ酸の一種である「アラニン」が2.5倍も多く含まれていることが分かりました。
今年は、「豊熟の味わい」シリーズ第二弾『夏風香』の発売を開始し、さらに訴求力を高めて販売促進に役立てたいと考え、それぞれの品種でオリジナルデザインのオーラパックすぐ食べレンジを製作しました。
味風香も夏風香も、味わい深い「おいしさ」をPRしている品種ですので、レンジ調理で栄養素の流出をおさえることは、相乗効果でメリットも高いと考えています。
お客様の反応を教えてください。
昨年、味風香が某流通雑誌にとりあげられた際に、多くの反響がありました。
それをうけて、今年販売資材として作成したオリジナルパッケージも、リピート発注を頂くなど、順調に推移しています。
ユーザーである生産者の方からは、「レンジで枝豆」という視点が新しいアプローチになり、おもしろいと、いう声もありました。
また、手軽に調理でき、茹でた時とは違うホクホクした食感になるところも、良い評価につながっていると思います。
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(雪印種苗株式会社様)_1
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(雪印種苗株式会社様)_2
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(雪印種苗株式会社様)_3

お客様情報

雪印種苗株式会社様

https://www.snowseed.co.jp/

雪印種苗株式会社様は、雪印メグミルクのグループ企業で、酪農畜産事業と畑作園芸事業、環境緑化事業を展開されています。
畑作園芸分野においては、枝豆やスイートコーンなど、様々な野菜種子の開発と販売を積極的に取り組まれているお客様です。