オーラパック採用事例

「オーラパック」を導入されて(有限会社大地様)

新潟県 有限会社大地様

「オーラパック」を導入されて(有限会社大地様)

ご購入を考えられたきっかけをお願いします。

まず、枝豆を扱う小売店や産地では、『枝豆はとても鮮度劣化しやすい野菜である』という共通認識があります。
そのため、枝豆の包装には、鮮度保持機能は必須であると考えています。

選んでいただいた理由をお願いします。

オーラパック採用前も鮮度保持袋を使用していましたが、オーラパックは、水分活性による鮮度保持効果など、従来の呼吸量の調整による鮮度保持以上の機能がありましたので、採用に至りました。

オーラパック導入後、反響はいかがでしょうか。

店頭に並ぶまで通常より日数がかかる場合でも、オーラパックの効果でクレームもなく、好評です。

お客様情報

有限会社大地 取締役 営業部長 樋口 智さま
新潟県津南町にて農産物の生産・加工・販売を行っている農業生産法人様です。
生産農家と連携を取りながら、安心安全で高品質な農産物を生産されています。
また、冬季に降り積もる雪を年間を通して雪室庫に保存し、
自然の冷却エネルギー(雪エネ)を農産物の冷蔵、食味向上、品質の安定保管などに利用する活動も行っています。
取材させていただいた「大地の茶豆」は、7月末~9月頃まで主に関東、中京、北陸地方に向けて出荷されています。

ホームページ http://www.kuranokura.com/