オーラパック採用事例

「すぐ食べレンジ」を導入されて

株式会社ちばとみさと様

千葉県の株式会社ちばとみさと様にて、きぬかつぎいもにオーラパックすぐ食べレンジのオリジナル印刷品をご採用いただいています。

「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社ちばとみさと様)
きぬかつぎいも
ロス削減、高付加価値化で大変反響のある商品です!
オーラパックすぐ食べレンジを導入したきっかけを教えてください
3年ほど前から、枝豆、とうもろこし、じゃがいもなどで、ベルグリーンワイズ社のレンジパッケージを採用していて好評だったため、商品販売方法に困っていたきぬかつぎいもでも導入したいと相談しました。商品企画の開発設計から一緒に行い、きぬかつぎいものオリジナルデザインすぐ食べレンジの採用に至りました。
オーラパックすぐ食べレンジを導入されていかがですか
はじめは、関東地区のスーパーへ、週に約1000袋出荷していましたが、反響が大きく、他のスーパーへの出荷が決まり、ピーク時には週に4000袋を出荷できるようになりました。クレームもありません。また、以前は、お徳用の販売を行っていたきぬかつぎいもの付加価値を上げることできました。半洗いで天日干しにしてから、袋詰めしているため、軽くすすぐだけですぐにレンジ調理できるのも、メリットの一つです。また、輸入の冷凍野菜が増えている中、栄養価の高い日本の生野菜を少しでも食べていただきたい、そんな我々の想いがマッチした商品だと感じています。ベルグリーンワイズ社から、提案いただいたパッケージのデザインも、和野菜のイメージにはまっており、大変満足しています。
商品のこだわりについて教えてください
当社では、千葉県産の青果物を50種類以上取り扱っています。もともと千葉県の農家で育ちました。そのため、地域の農家さんから新鮮な野菜を仕入れ、地元の消費者の方々においしく召し上がっていただくことで、地域貢献につなげたいという思いで事業を始めました。現在、千葉県では後継者不足や都市化が進み、農場が減りつつあります。おいしい野菜を皆様に届けることで、千葉の農業を再び盛り上げていきたいです。
今後の展開について教えてください
千葉県は農業に適した土地のため、生産者の方には、新しい野菜の栽培に挑戦していただき、和野菜や洋野菜など、様々な品種を扱っていきたいです。またパッケージデザインも、売り場で消費者を引きつけるような、面白いデザインや構造を考えています。
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社ちばとみさと様)_1
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社ちばとみさと様)_2
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社ちばとみさと様)_3
  • 「オーラパックすぐ食べレンジ」を導入されて(株式会社ちばとみさと様)_4

お客様情報

株式会社ちばとみさと様

http://www.chibatomisato.co.jp/

平成10年の創業以来、千葉県の農家の皆様と野菜を販売する量販店様の間で野菜卸業を営まれています。「地域の為に出来ること」を、生産者様とお客様の橋渡しとなれる企業を目指されています。